人気ブログランキング |

お年賀

f0077511_13150462.jpg
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

長続きするか躊躇しながら始めたBLOGも今年で 12年、103回となりました。
(BLOGによるお年賀は4年目)
小学校の絵日記のように文と写真でまとめ、今月はお休みにしようなど折れかけては続けています。
文才、画才(写真才?)がなくとも継続することに意味があると自分に言い聞かせながら・・・・・。

中日新聞(H29.12)の占い欄に、
「小さな木にも美しい花が咲く。知恵、才覚が劣れども嘆くとなかれ」とありました。頑張ります。

(写真は、中国・貴州省肇興村の鼓楼の一部)

# by tsutomu-sumi | 2017-12-29 14:01

2017ワークショップ写房 作品展のご案内

日時 2017年12月05日(火)~12月10日(日)

時間 午前10時~午後6時 (最終日は午後4時まで)

場所 ノリタケの森ギャラリー

   名古屋市西区則武新町3丁目1番36号 電話052-562-9811

   地下鉄東山線「亀島駅」2番出口から徒歩5分

      f0077511_16160824.jpg



# by tsutomu-sumi | 2017-11-26 16:20

中国 少数民族の村 Ⅱ

 前回のブログで中国・少数民族について書きましたが、その続きです。
中国は多民族国家で、漢民族と55の少数民族から成っています。漢民族は92%(約12億人)、少数民族は8%(約1億人)です。
55の少数民族では、ウイグル族、チベット族、回族、モンゴル族、チワン族、満州族などは聞いたことがありますが、他の民族はありません。しかし、それぞれ特色のある文化をもっているようで興味がわきます。
55の少数民族のなかでも最も多いのは、貴州省を含む中国南部に住むチワン族で13百万人で東京都の人口とほぼ同じです。

 私が訪ねた所は同じ貴州省の中にある「季刀村」です。ミヤオ(苗族)が住んでいます。ミャオ族は他称で、自称はモン族です。
他称の方が一般的に使われているのは少々妙な感じがします。女性の服装の色や文様の違いで、黒苗、白苗、青苗、紅苗、花苗などと区分されることもあるそうで、分かりやすく良いですね。私が出会った黒苗(貴州省東南部)はスカートの長短から長裙苗、短裙苗に分かれるそうですが、ロング、ミニとは楽しいですね。

 ミャオ族の先祖は、長江中流から漢族に攻められて今の山岳地帯に住むようになったと言われています。しかし、ミヤオ族には文字がなく過去がどうであったかは口伝のみで詳しくは分からないようです。また、過去には同化政策や清朝の増税などで数度の反乱があり、ミヤオ族の人口は三分の一まで減ってしまったそうです。

 「季刀村」は、急斜面にへばりつくように黒い瓦で木造の家々が建ち並び、地面には石が敷かれ歩きやすいです。広場は美しい文様の石畳でできています。
畑や水田など農耕で生計をたてているようで、私の行った時は田植えのシーズンで天秤棒で苗を運ぶ姿をよく見ました。
主食は米です。野菜、肉類、魚を唐辛子、塩、酢で味付けしたおかずで食べるとのことです。

 ミャオ族の人は、顔は日本人に似ていて、木造の家屋も日本の建て方に似ており親近感を覚えます。
私達が村を訪れた時、着飾った村人が地酒をふるまい歌や笛でにぎやかにもてなしてくれました。

f0077511_15460027.jpg
f0077511_15463300.jpg
f0077511_15465960.jpg
f0077511_15472961.jpg
f0077511_15481198.jpg
f0077511_15484792.jpg

# by tsutomu-sumi | 2017-11-23 17:03

中国・少数民族の村

 中国・少数民族の村に行きました。
長江の南、ベトナムに近い貴州省にあります。(上海から飛行機で3時間のところ)

 貴州省の面積は、北海道の二倍くらいで、省の三分の二がカルスト地形という特色があります。
特に、少数民族の住んでいることで有名で トン族、ミヤオ族、スイ族、プイ族などが居住しています。
昔、力の強い他民族に追われて逃げ、この地の山奥深くに隠れるようにひっそりと住みつき、いまでもここで暮らしています。
村には五重塔に似た多重塔の見張り台があり、敵の侵入を見張っていたそうです。そういえば屋根瓦の色も黒っぽく、目立ちにくいように感じました。

 しかし、不思議なのは、これほど敵の侵入に気を使っているのにもかかわらず、女性の衣装は赤、青、緑などの色や柄のカラフルで派手そのものです。ロングスカートからミニスカートまであります。さらに、ミャオ族の女性は頭に銀製の手のこんだ豪華な冠まで冠っています。
 何故 なぜ・・・・・? 争いごとが終わり、安定した時代になってから、この様な衣装を創りだしたのかもしれません。
今でもお祭りの時にはこの衣装で着飾っているそうです。また、観光客をもてなし、楽しませる時にもこの衣装を着るそうです。
いずれにしても、独特の服装や歌舞、建築など民族文化がずっと引き継がれていて、これは貴州の「夜郎文化(紀元前の漢の時代)に源を発しているそうです。

 貴州省にまつわる「夜郎自大」ということわざがあります。
漢王朝の時代、今の貴州に夜郎国という小さな国がありました。ある時、漢の武帝の使者が夜郎国に来た時です。夜郎王が使者に「漢と我が国とどちらが大きいか」と聞きました。強力で、大国であった漢と比べることは、答えは明らかです。
 このことから「夜郎自大」ということわざができ、「夜郎自大」とは「世間知らずで自信過剰」「井の中の蛙、大海を知らず」という意味で使われているそうです。
f0077511_12201753.jpg
f0077511_12221441.jpg
f0077511_12214337.jpg
f0077511_12231596.jpg
f0077511_12235286.jpg
f0077511_12242204.jpg

# by tsutomu-sumi | 2017-10-02 12:26

K氏を偲ぶ

ワークショップ写房(写真塾)の仲間であり、人生の良き先輩であったK氏が、なにも告げずに突然逝ってしまわれました。

 M重工の技術畑で活躍されただけに洗練された言行は紳士そのものでした。人柄は穏やかで温か味のある方で、語り口も人柄がにじみ出ており周りの方みなさんに好かれる人でした。
しかし、時にはずばりと「あなたの写真は暗すぎる」と率直に辛口で指摘されることもありました。(晩年の写真には、やや暗めのものもあり、私は内心ニッヤとしたことを覚えています)
ご自分の写真に対する姿勢は、かたくなに崩すことをしない面もあり頑固だなあと思うこともありました。

 登山、ハイキング、ウォーキングがお好きで同好の方々と各地を歩かれていました。勿論、カメラは必ず携えて途中の自然、景色、神社仏閣などを撮りためておられました。

 私とは、BLOGを通じた仲間でもありました。撮りためた写真やそこで感じられたことを文にされ、毎月のようにBLOGとして発信されていました。(その発信数はゆうに百回を超えていたと思います)
お互いのBLOGに、毎回Commentをしあうこともしていました。ここでも「あなたのBLOGの文章は長すぎる」とずばりと指摘をうけたことがあります。

 K氏のBLOGは、今年6月19日付けのものが最後となってしまいました。
これからはK氏のBLOGを見ることが出来ませんし、私のBLOGにCommentを頂くこともなくなりました。  淋しいことです。

          
                  
f0077511_20442233.jpg
                  さようなら。やすらかにお眠りください。

# by tsutomu-sumi | 2017-08-27 20:51

神戸北野の異人館街

 神戸北野の異人館街に来ました。

 神戸と同じキーワードに括れる街に横浜があります。
安政の開国で外国に開港した点です。神戸港はヨーロッパ航路の発着点、横浜港はアメリカ航路の発着点という違いはありましたが、当然、神戸には主にヨーロッパ人が、横浜には主にアメリカ人が、ともに外国人が駐留するようになりました。
このことにより外国の生活様式、習慣、食生活、建築様式、家具調度なども一緒に入ってきました。
神戸北野の異人館街の歴史もこの時点で始まったのでしょう。

 ここの異人館街の建物はコロニアルスタイルというのでしょうか、私には明治村で見慣れた様式です。
明治村を”すっぴん”とすれば、神戸北野の異人館街は“厚化粧”(決して悪口ではありません)という印象です。
異国人街は、建物だけでなく内装や美術品(ガラス工芸品、絵画、彫刻、陶器など)に優れたものが多く配され、シャンデリアなど照明が充実しているからではないかと思います。
建築・内装・家具調度装飾品など維持管理する事情が違う結果こうなるのでしょう。
いずれにしても、非日常的な空気に触れることが出来、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 私は、建物だけでなく ・広々とした正面のポーチや扉の上の飾り窓、扉の凝った把手金具 ・大きな窓や趣向を凝らしたデザインの窓枠や色使い ・落着いた部屋を演出する重厚な椅子・テーブルや飾り棚に興味をひかれました。

異人館の色々な建物中では「坂の上の異人館」(旧中国領事館)が好きです。室内の明朝・清朝時代の家具、丁度品や美術品が配置され、庭には大きな焼き物の壺や石の彫刻などがあり、他の異人館とは違ったオリエンタルな雰囲気がかんじられます。



f0077511_19305509.jpg
f0077511_19311384.jpg
f0077511_19315657.jpg
f0077511_19322209.jpg
f0077511_19325194.jpg
f0077511_19331466.jpg
f0077511_19335303.jpg












# by tsutomu-sumi | 2017-07-09 20:41

伊勢・河崎のまち散歩

 近鉄宇治山田駅には、外宮側には何度も下車しました。ところが反対側には行ったことがありませんでした。
伊勢・河崎のまちは、反対側にありました。

 外宮、宇治山田駅の東側を流れる勢田川という川があります。大台ケ原を水源とする宮川水系の一級河川です。河口付近で五十鈴川と合流し伊勢湾に注ぎます。
河崎の町は、この勢田川沿いにあり江戸時代には大きな問屋街となっていました。おかげ参りなどで賑わう伊勢に、勢田川の水運を利用し大量の生活物資を供給する”伊勢の台所”の役割を果たしていました。

この町は、今は河崎本通りとして切り妻屋根が続き町屋や蔵が並び昔の面影を伝え、その名残を見ることができます。
どの家も川沿い並んでいるので、船から直接荷を上げ下げしていたのでしょう。

 町では、大きな土蔵を生かした「珈琲屋」で一休みしました。大きく頑丈な扉をガラガラと開けて中に入ります。
内部はやや薄暗いですが、吹き抜けになった二階の窓からひかりが入り落ち着いた雰囲気で、ここで飲むコーヒーはゆったりした気分で飲めてとっても気に入りました。

また、古い瀬戸もの屋もありました。間口の比べて奥行きが深い造りになっていて、川から直接荷物を運びいれるトロッコがありました。今でも線路が残っており、建物内の線路づたい入ると薄暗く両側の棚には瀬戸ものが雑然と積まれていました。さらに奥に進むとハシゴのような階段を上がると屋根裏にでます。
そこには、先代の主人が着ていたという赤帯に星二つの襟章が付いたカーキ色の軍服や古い家具、図書、書画が所狭しと置かれています。一つづつ見て回るとまるで宝探しをしているようでとても楽しいです。

 ただ、どの古い町でもそうですが、古い町並みを維持保存することには大変な努力がいると思います。
この町も例外ではなく、所々歯が抜けたように空き地があり、今風に造りなおしたりして昔のままの町というわけではありません。
 しかし、昭和49年の七夕水害(勢田川の氾濫)で市内が大変な被害を受けたそうです。市が勢田川の川幅を拡張し水害を防ぐ対策を計画しました。この対策では河崎の町がなくなってしまうことから、河崎の古い町を残し、守るためここの住民が立ち上がり、別の対策に変更させたそうです。
町を守り、残す住民の心意気には心をうたれました。

f0077511_19393291.jpg
f0077511_18574757.jpg
f0077511_18584841.jpg
f0077511_18594396.jpg
f0077511_19002326.jpg
f0077511_19011279.jpg

# by tsutomu-sumi | 2017-05-31 22:05

佐渡 アラカルト Ⅲ

 佐渡で忘れてならないのが、佐渡は金の島であったことです。佐渡で産出した金は、400年の歴史があり、江戸幕府は直轄領として江戸初期には国内で産出する金の半分を占めていたそうです。
 私が大きな勘違いをしていたことは、佐渡島全体で金を採掘できると思っていたことです。実は、産出するのは3キロ圏で佐渡島の300分の1という極々狭い地域であったものでした。 島では、宗太夫坑、道遊坑という金鉱山を見学しました。ここで又勘違いをしていましたことは、坑道は落盤を防ぐために枠組みが施されていると思っていることでした。しかし、一部にはありましたが殆ど岩を丸掘りしたままでした。また、採掘は横穴だけでなく、井戸を掘るように縦穴もありました。ここの鉱山の特色は、崩れない硬い岩盤でできており、素掘りのまま地下650メートルまで掘り進んでいたとのことには驚きました。
 当時の精錬技術はかなり効率が悪かったようですが、精錬、金の製品化、流通する小判への仕上げまで一貫して佐渡で行っていたそうです。 佐渡で最高に金が産出されたのは、意外にも昭和15年頃で最先端の精錬技術を使い、面白いことに江戸時代には質の悪い鉱石だと海岸に捨てられていた鉱石から精錬した金だったそうです。佐渡の高低差(段丘)を利用して造られた精錬工場(北沢浮遊選鉱場)で行われていて、その跡が残っており、その規模の大きさに驚きました。今は廃虚化していますが、その雰囲気は魅力的で、被写体として興味深いものでした。
f0077511_15560557.jpg
f0077511_15565165.jpg
f0077511_15572286.jpg
f0077511_16045821.jpg
f0077511_16060436.jpg

# by tsutomu-sumi | 2017-04-16 16:57

佐渡 アラカルトⅡ

 佐渡は、島流し(流刑)の島でもありました。
島流しには近流、中流、遠流とあり、最も遠く一番罪の重い遠流の島は佐渡だったようです。

 奈良時代に時の天皇(元正天皇)を批判した穂積朝臣が一番最初といわれています。
私の知っているものとしては、鎌倉時代に日蓮が北条時宗の勘気にふれて流刑になったものです(大仏次郎の小説で読んだ程度)。 また、能を大成させた世阿弥も足利義教の勘気にふれて流刑となったそうです。
もっとも、島流しにこそなりませんでしたが、T大統領の勘気にふれホワイトハウス記者会からCNN,ニューヨークタイムズが出入禁止になったそうですから、いつの時代にもある話でしょうか。
 江戸時代の偽札つくり、放火盗み、無宿者などをのぞけば、暴力犯より政治犯のほうが遠流になったようです。

 佐渡の流刑で、私が気になったものでは、平安時代に遣唐使船に乗船しなければならないことを知り、数人で共謀して逃走した人達が罪をとわれて流刑となったものです。たしかに、遣唐使船は航海中に暴風雨に見舞われ、遭難する船もあり命がけの航海であったからでしょうが。
最澄や空海のように仏の道を求めて強い信念で、この船に乗る人もいたわけです。この違いはなんなんでしょうか。


 流刑は、奈良時代に始まり、明治に流刑廃止になるまで1200年もの永い期間続いたそうです。

 今の佐渡の空気にはそんな気配は全く感じられません。佐渡が遠い島であったのは昔の話で、今ではジェットフォイルという高速船で1時間ほどで行けるのですから、「島流し」が遠い昔の話であるのは当然なのでしょう。

f0077511_15402498.jpg

f0077511_15404166.jpg
f0077511_15405427.jpg
f0077511_15411417.jpg
f0077511_15412620.jpg
f0077511_15414188.jpg
f0077511_15415983.jpg

# by tsutomu-sumi | 2017-03-18 15:54

佐渡 アラカルト 1

子供のころ「砂山」(北原白秋作詞)、”海は荒海 向こうは佐渡よ すずめなけなけもう日は暮れた・・・・”
という童謡を時々聞いたことがあります。その もの悲しいげなメロディーと歌詞から、佐渡のイメージをもつようになりました。
その後、民謡「佐渡おけさ」を聞き、これまたゆっくりとしたテンポで哀調を帯びた節回しから、一段と佐渡のイメージが、”遠くて、暗く、もの淋しげな雰囲気の島”ではないかと思うようになりました。

 私は旅に出るときには、ほとんど下調べなしに出かけますが、ただ地図には目をとおします。
佐渡の地形を見ますと、稲光の絵文字(高電圧標識)にそっくりだと知りました。島のお腹(中心)を38度線(経線)がベルトを締めるように横切っています。この経線を西にたどると朝鮮半島を南北に分断する軍事境界線へ行き着きます。北からは、昨年23発のミサイルが発射されたそうです。なんだかキナ臭い位置です。
それに呼応する訳ではないでしょうが、佐渡の地形が稲光の図形をしているのでしょうか。(悪い冗談でごめんなさい)
海岸を歩いてみますと流れ着いたペットボトルや空き缶などはハングル文字のものが多く、ほとんどといっていい程です。やはり朝鮮半島に近いからでしょうか。
 
※ 北原白秋の「砂山」には、山田耕作と中山晋平の作曲があります。                       私がおもに聞いた「砂山」は山田耕作作曲のもので、荘重で夕暮れの佐渡(新潟)の海を思い起こさせるものです。
一方の中山晋平の作曲のものは、軽快で彼我の差のおおきさを感じさせます。それにしても、音楽のもつ力には感心させられます。

f0077511_1611122.jpg
f0077511_161262.jpg
f0077511_1614229.jpg
f0077511_1615766.jpg
f0077511_1621065.jpg
f0077511_1622596.jpg
f0077511_1623920.jpg

# by tsutomu-sumi | 2017-02-24 19:46